サクラ‘紅鶴桜’

分類群コード
CT054
種類名
サクラ‘紅鶴桜’
種名・栽培品種名
‘紅鶴桜’べにづるざくら
学名
Cerasus ‘Rubriflora’
解説
川崎が真鶴半島で見つけた栽培品種。花は淡紅色で中輪一重。川崎は染井吉野と寒桜の交雑したものと推定したが、遺伝的にはカンヒザクラではなくマメザクラが影響している。
多摩森林科学園での栽培状況
栽培ライン名 代表個体番号 写真
紅鶴 44p4p1 [photo]
川崎の紅鶴 11p13p1  
紅鶴桜 11p7p2 [photo]